PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 製品・サービス > 東洋インキ、配色変更せずCUD対応させる新機能を産学協同開発

製品・サービス

東洋インキ、配色変更せずCUD対応させる新機能を産学協同開発

2014年6月20日
色弱者は、明度差によるチェックやストライプの模様によって図柄を判別できるようになる

 東洋インキ(株)は、パッケージや表示物などのカラー画像の配色を、見た目の配色を変更することなくカラーユニバーサルデザイン(CUD)対応させる新機能「ディザ」を産学協同で開発。同社が無償配布を行ってきたCUD支援ツール「UDing」シリーズに同機能を搭載したMac OS X版ソフトウェア「UDingディザ」としてラインアップし、配布を開始した。
 今回開発された新機能「ディザ」は、東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻(村上存教授)とのコラボレーションから生まれたユニークな概念に基づいている。仕組みは、難判別部分の色から少しだけ明度を上げた色/下げた色を作り、この2色で難判別部分をチェック(市松模様)やストライプ(縦・横縞模様)に塗りつぶす(ディザリング)というもの。この2色による模様配色は、視覚効果によって混ざりあい、見た目は元画像と同じ配色であるイメージを与えることができる。一方、色弱者にとっては、その明度差による模様が強調的に認識されるので、画像のCUD対応が実現できる。

ニュースランキング
特集
afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

デジタル印刷 × パッケージ 2017
デジタル印刷 × パッケージ 2017

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2017年11月25日号)

【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献

「力強く革新に挑む 〜 新しい価値と感動を提供」--新たな舵取り役として組織を統率するFFGS代表取締役社長・辻重紀氏にインタビュー。
(2017年10月15日)

インクジェット特集 2017
インクジェット特集 2017

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2017年9月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp