PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 大手の動き > 大日本印刷、ナノインプリント技術を応用した光学素子の量産開始

大手の動き

大日本印刷、ナノインプリント技術を応用した光学素子の量産開始

2017年4月17日
静脈認証機能搭載のタブレット端末などに使用できる

 大日本印刷(株)は、静脈認証機能搭載のタブレット端末などに使用できる小型光源用として、ナノインプリント技術を応用した微細な凹凸構造によって、赤外線などの照射光を整形できる光学素子を量産する技術を開発した。
 ネットワークサービスの普及にともなうセキュリティニーズの高まりやIoT化、自動化の進展を受け、より高度なセンシングへの需要が拡大している。とくに、波長が長く目に見えない光である赤外線を使用したセンシングは広く使われており、赤外線を特定の形やパターンで照射することで、効率や性能を高めるほか、装置を小型化したいなどのニーズがある。
 このような光を整形する技術としては回折光学素子(Diffractive Optical Element:DOE)があり、この技術の適用で、照射する光の向きや強さ、照射パターン形状を設計・調整することが可能となる。
 今回、DNPがナノインプリント技術で量産化した光学素子を用いることにより、今後、各種光学センシングデバイスや照明装置の性能向上、効率改善、小型化などへの展開が期待できる。

ニュースランキング
特集
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献

「力強く革新に挑む 〜 新しい価値と感動を提供」--新たな舵取り役として組織を統率するFFGS代表取締役社長・辻重紀氏にインタビュー。
(2017年10月15日)

インクジェット特集 2017
インクジェット特集 2017

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2017年9月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

デジタル加飾特集 2017
デジタル加飾特集 2017

スポットニスや特殊抜き加工などによる触覚的表現やデジタル箔による視覚的表現で、印刷物の高付加価値化を実現する「デジタル加飾」を特集
(2017年6月15日)

製本・後加工 2017
製本・後加工 2017

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2017年3月5日)

page2017特集
page2017特集

「page2017」の事前情報を配信。開催テーマは「ビジネスを創る〜市場の創出〜」
(2017年2月5日)

デジタル印刷 × パッケージ
デジタル印刷 × パッケージ

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2016年11月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp