PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 大手の動き > 大日本印刷、パウチ包装に適した新フィルムを開発

大手の動き

大日本印刷、パウチ包装に適した新フィルムを開発

2017年2月2日
PETとナイロンのフィルムの機能を新開発フィルム1枚に置き換え可能で包材の薄層化を実現

 大日本印刷(株)は、フィルムメーカーと共同で、食品やトイレタリー用品の袋(パウチ)向け包材に適した新フィルムを開発した。
 従来の包材では、PETフィルムとナイロンフィルムの2枚と、その他のフィルム等とを複数枚貼り合わせて使用する場合があるが、PETとナイロンの2枚のフィルムを今回開発した新フィルム1枚に置き換えることが可能となり、包材全体の層数削減とそれによるゴミの減量やCO2の削減を実現した。
 新フィルムは、PETとナイロンの2枚のフィルムを貼り合わせた従来の包材の厚さ約30〜40μmに対して、新フィルムは15〜20μmと包材の薄層化を実現。また、ナイロンフィルムは吸湿性が高く、パウチ包材が変形するカールや、内容物や空気中の水分を吸湿してしまうことによる変色などが発生する場合があるが、新フィルムはナイロンフィルムを使用しないため、これらのトラブルの発生を抑止できる。
 また、薄層化による使用後のゴミの減量化に加え、2枚のフィルムを貼り合わせる工程を省略することができるため、包材の原材料調達から廃棄までのCO2排出量を約14%削減(同社調べ)できる環境にやさしい製品となっている。

ニュースランキング
特集
印刷×SDGs 2022
印刷×SDGs 2022

印刷経営における重要な視点として「SDGs」に焦点。事例やソリューションを紹介。
(2022年7月25日)

IGAS2022特集
IGAS2022特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2022」の事前情報を随時更新中!
(2022年7月14日〜)

印刷×DX 2022
印刷×DX 2022

印刷業におけるDX戦略やメーカー・ベンダーによるDX構想・ソリューションなどを特集。
(2022年7月5日)

パッケージ印刷ビジネス
パッケージ印刷ビジネス

パッケージ印刷の事業化に向けたソリューションや具体的な取り組み事例を紹介。
(2022年6月25日)

デジタル印刷特集 2022
デジタル印刷特集 2022

DX推進に欠かせないデジタル印刷技術、「アフターコロナ時代のデジタル印刷ソリューション」を紹介。
(2022年3月25日)

製本・後加工 2022
製本・後加工 2022

製本・後加工会社の先進的な取り組みや事例、メーカーのソリューションなどを紹介
(2021年3月5日)

印刷業の「脱炭素経営」
印刷業の「脱炭素経営」

印刷業界の脱炭素経営への取り組みを紹介。
(2021年12月5日)

印刷通販事業による企業戦略
印刷通販事業による企業戦略

印刷通販ビジネスを展開する企業の経営戦略を考察。
(2021年11月15日)

インクジェット特集 2021
インクジェット特集 2021

進化するインクジェット技術とビジネスモデル
(2021年9月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal