PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 大手の動き > 凸版印刷、間伐材マーク認証取得対応の紙製容器開発

大手の動き

凸版印刷、間伐材マーク認証取得対応の紙製容器開発

2014年10月9日

 凸版印刷(株)(金子眞吾社長)は、木材の生産地から容器生産にいたるまでトータルに管理し、間伐材マークの認証取得にも対応した間伐材使用の紙製容器を開発。製品第1弾として、(株)セブン&アイ・ホールディングスが発売するプライベートブランド商品「セブンプレミアム 生きて腸まで届く乳酸菌入り のむアサイー&バナナヨーグルト」と、「セブンプレミアム 春雨スープ(ワンタン、かきたま、坦々麺味)」の容器として採用された。
 紙製容器には、セブン&アイと一般財団法人セブン-イレブン記念財団が2012年6月より開始した、日本の森林を育て国産木質材の利用を促進する「セブンの森プロジェクト」などで得られた間伐材を10%以上使用している。これは、「セブンの森」で伐採した間伐材を、凸版印刷の徹底したトレーサビリティ管理のもと原料となる木材チップに加工して製紙。その用紙を紙容器として用いることで、「セブンの森」を育て、自社製品の容器として活用するサステナブルな仕組みづくりに貢献した。

ニュースランキング
特集
働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

製本・後加工 2020
製本・後加工 2020

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介(2020年3月5日)
(20203月5日)

SDGsで持続可能な世界の実現へ
SDGsで持続可能な世界の実現へ

[2020新春特別企画]SDGsで持続可能な世界の実現へ
(2020年1月1日)

インクジェット特集 2019
インクジェット特集 2019

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2019年9月15日)

「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal