PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 大手の動き > 凸版印刷、特色に対応した高精度カラーマネジメント技術を確立

大手の動き

凸版印刷、特色に対応した高精度カラーマネジメント技術を確立

2013年11月22日
指定特色と紙色の情報をもとにCMS 用プロファイルを作成

 凸版印刷(株)(金子眞吾社長)は、世界で初めて、プロセスカラーだけでなく、特色にも対応した高精度なカラーマネジメント技術を確立したことを発表した。特色DDCP(Direct Digital Color Proofing)と特色カラー分解製版の両方に対応することで生産効率の向上が期待できる。
 DDCPで用いるプリンタと実際の印刷で用いる印刷機とでは、使われる基本色や色域が異なるため、カラーマネジメントシステムを用いて表示色を統一するが、これまで、その組み合わせパターンが有限なプロセスカラーを用いたDDCP技術は確立されていたものの、指定される色がその都度変わる特色の場合、中間調や刷り重なったときの印刷の仕上がり色を事前に予測することが難しく、DDCPによる色校正が困難だった。
 そこで同社は、色彩工学技術に基づき、使用する特色の色見本をもとに印刷で再現されるすべての組み合わせ色を予測できる高精度なカラーマネジメント技術を確立。使用するインキや印刷機の特性情報も加味することにより、実際に印刷される色を高い精度で予測することを可能にした。
 同社は今後、特色を用いることが多い紙器やポスターなどを取り扱う自社の製版工程への導入を推進し、2014年度末までに全国の生産拠点に同技術を導入する考え。

ニュースランキング
特集
働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

製本・後加工 2020
製本・後加工 2020

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介(2020年3月5日)
(20203月5日)

SDGsで持続可能な世界の実現へ
SDGsで持続可能な世界の実現へ

[2020新春特別企画]SDGsで持続可能な世界の実現へ
(2020年1月1日)

インクジェット特集 2019
インクジェット特集 2019

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2019年9月15日)

「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal