PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 主要 > 日印産連、GP資機材としてデジタル印刷機の認定開始

主要

日印産連、GP資機材としてデジタル印刷機の認定開始

2014年3月14日

 (社)日本印刷産業連合会(日印産連、足立直樹会長)は3月13日開催の第31回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規2工場と更新25工場の計27工場を認定した。これによりGP認定工場は全307工場となった。
 また同認定委員会においてGP資機材の認定も実施。今回より3社が新たに参加し、8種類の資機材に対し9社35製品を認定。同制度スタート以来の認定製品数は485製品、同制度参加企業は31社となった。
 さらに今回よりデジタル印刷機(ファクトリー系)の認定を新たに開始。対象はインクジェット方式、液体トナー方式の生産用デジタル印刷機で主に商業印刷物、新聞等製品の生産用のもの(サイン、アド用のデジタル印刷機は除く)。初回は、富士フイルム(株)、コダック(同)、大日本スクリーン製造(株)、(株)ミヤコシが参加し、7製品が認定を受けている。
 認定基準は、メーカーのグリーン調達基準、インキ・洗浄剤等の有害物質不使用、VOCの削減・管理、インキ容器の3R化、消費電力の削減、機械のリサイクル配慮、作業環境対応など22項目にわたるもので、達成点数によりスター数が決定する。なお日印産連では、ドライトナー方式のデジタル印刷機(オフィス系)の新規認定を行う予定で現在、認定基準の検討を行っている。

ニュースランキング
特集
働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

製本・後加工 2020
製本・後加工 2020

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介(2020年3月5日)
(20203月5日)

SDGsで持続可能な世界の実現へ
SDGsで持続可能な世界の実現へ

[2020新春特別企画]SDGsで持続可能な世界の実現へ
(2020年1月1日)

インクジェット特集 2019
インクジェット特集 2019

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2019年9月15日)

「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal