PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 団体 > 日印産連、グリーン基準に労働安全衛生と緊急時対応の項目追加

団体

日印産連、グリーン基準に労働安全衛生と緊急時対応の項目追加

2013年4月30日

 (社)日本印刷産業連合会(足立直樹会長)は、平成25年4月25日に日印産連「印刷サービス」グリーン基準の改定を行い、「労働安全衛生への配慮」と「緊急時への対応」の基準化を図った。基準改定の対象となるのは、オフセット印刷、シール印刷、グラビア印刷(軟包装)、スクリーン印刷全てのグリーン基準で、6ヵ月間の周知期間ののち、本年10月25日から実施となる。また今回の改定により、グリーンプリンティング認定工場(GP認定工場)の新規認定、更新認定において同改定基準が適用されることとなる。基準改定の概要は次の通り。
 労働安全衛生への配慮では、グリーン原則を「事業所内の作業環境を管理している」とし、具体的にはグリーン基準「労働安全衛生管理や作業環境管理を行っていること」を、また緊急時への対応では、グリーン原則を「地震、風水害、火災、震災、水害、停電等緊急時における対応が定められている」とし、具体的にはグリーン基準「緊急時における環境配慮を含む対応手順書を定めていること」を求めている。
 グリーンプリンティング工場認定基準では、いずれの項目も必須(必ず達成しなければならない項目)としており、この結果、GP認定工場は環境配慮のほか、労働安全衛生及び緊急時対応の面においても対策を講じている工場として、広くアピールすることができるようになる。またオフセット印刷部門では、労働安全衛生への配慮としてさらに資材の配慮を加えているとともに環境配慮型セッター、含浸型洗浄布の工程における使用も基準化されている。

ニュースランキング
特集
「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

新たな付加価値を彩る「加飾技術」
新たな付加価値を彩る「加飾技術」

スポットニス加工や特殊抜き加工による視覚的・触覚的な表現手法で、印刷物の付加価値を高める「加飾技術」を特集
(2019年7月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2019
印刷会社の印刷通販サービス活用 2019

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2019年6月5日)

働き方改革特集2019
働き方改革特集2019

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2019年5月15日)

省電力UV印刷特集
省電力UV印刷特集

導入が進む省電力UV印刷システムの最新動向を特集
(2019年4月25日)

ダイレクトメール特集 2019
ダイレクトメール特集 2019

DM制作関連市場は1,214億円 〜 ハイクオリティなDM手法も現実化
(2019年4月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal