PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 団体 > AJCR、トナーカートリッジ「リサイクル品」に認定資格制度導入

団体

AJCR、トナーカートリッジ「リサイクル品」に認定資格制度導入

2011年10月31日

 トナーカートリッジのリサイクル事業会社32社で構成される日本カートリッジリサイクル工業会(AJCR、白崎弘隆会長)は、レーザープリンタなどに使用されるトナーカートリッジの「リサイクル品」に対し、業界で初めて環境管理基準・品質管理基準を定めた「E&Qマーク」制度を導入し、11月1日より運用を開始する。
 現在、国内では年間約2,200万本のトナーカートリッジ(モノクロ・カラー)が使用され、約23%に当たる約510万本のリサイクルトナーカートリッジ(リサイクル品)が利用されている。トナーカートリッジ全体の市場規模は約3,600億円、うちメーカー純正品(汎用品含む)などが約3,200億円、リサイクル事業者によるリサイクル品が約400億円と推定されている。AJCRでは、約1/4のシェアを占めるリサイクル品について、今後は業界をあげて品質向上に取り組むこと、さらに近年、国内外でトラブルとなっているカートリッジの模倣品と一線を画すために同制度の導入を図ることとなった。
 「E&Qマーク(ECO&QUALITY)」制度は、第三者審査機関によって「環境管理基準24項目」、「品質管理基準9項目」の合計33の審査項目に合格した事業者に与えられる認定資格で、認定取得事業者は、リサイクル品の外箱にAJCR指定の「E&Qマークラベル」を貼付することが可能となる。

ニュースランキング
特集
「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

新たな付加価値を彩る「加飾技術」
新たな付加価値を彩る「加飾技術」

スポットニス加工や特殊抜き加工による視覚的・触覚的な表現手法で、印刷物の付加価値を高める「加飾技術」を特集
(2019年7月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2019
印刷会社の印刷通販サービス活用 2019

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2019年6月5日)

働き方改革特集2019
働き方改革特集2019

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2019年5月15日)

省電力UV印刷特集
省電力UV印刷特集

導入が進む省電力UV印刷システムの最新動向を特集
(2019年4月25日)

ダイレクトメール特集 2019
ダイレクトメール特集 2019

DM制作関連市場は1,214億円 〜 ハイクオリティなDM手法も現実化
(2019年4月25日)

デジタル印刷特集 2019
デジタル印刷特集 2019

デジタル印刷活用による利益創出戦略を追う。
(2019年3月25日)

検査関連機器特集 2019
検査関連機器特集 2019

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2019年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal