PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 団体 > 日本製紙連合会、2015年度までに古紙利用率64%の目標達成へ

団体

日本製紙連合会、2015年度までに古紙利用率64%の目標達成へ

2011年1月27日

 日本製紙連合会は、「2010年度までに古紙利用率62%の目標達成に努める」という現行目標の目標期間が本年度末で終了するため、このたび新たな目標を「2015年度までに古紙利用率64%の目標達成に努める」とすることを発表した。
 同連合会がこれまで掲げてきた古紙利用率目標62%に対し、2008年度には62.4%、2009年度は62.7%と2年前倒しで目標を達成しており、2010年(1月〜10月)は62.4%と目標を上回っている。
 古紙利用率については、板紙分野では92%を上回り、ほぼ限界に近いと考えられる。紙分野においても40%を超え、品質的に利用可能な上質古紙は量的に限定されていることから、同連合会では「これ以上の利用率の向上は技術的、経済的に極めて困難」としている。また、古紙利用技術も世界最高水準にあり、今後これまで以上の革新的かつ飛躍的な展開を見込むことはできない状況にあるほか、これまでの古紙利用率目標の達成努力を通じて日本の古紙リサイクルシステムは社会的にほぼ成熟化し、当初の目標策定の意義は概ね適えられているとしている。
 しかしながら「製紙原料の安定的供給の確保」や「省エネ、地球温暖化防止への貢献」、「資源の有効利用、ゴミ減量化による循環型社会の形成」など、社会的意義は依然として重要であるほか、日本の製紙産業の国際競争力を維持するという重要な役割もあるため、利用率目標の水準にかかわらず、再度、新たな利用率目標を策定することとした。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal