PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > グローバル > ガルス社、新ショールームで「Labelfire」「Labelmaster」実演公開

グローバル

ガルス社、新ショールームで「Labelfire」「Labelmaster」実演公開

2017年11月8日
Labelfire
「SAMBA」インクジェットヘッドを採用
Labelmaster

 ラベル・パッケージ印刷機メーカーのガルス社は11月6日、スイスのザンクト・ガレンにある本社工場内に新設したショールームをアジアパシフィックの報道陣向けに公開。複数の加工プロセスを統合したUVインクジェットデジタルラベル印刷機「Labelfire」とフレキソ印刷システム「Labelmaster」の稼働実演を披露した。
 「Labelfire」は、ハイデルベルグとの共同プロジェクトで開発されたモジュール式デジタルラベル加工ソリューション。富士フイルムのインクジェットヘッド「SAMBA」を搭載した8色デジタル印刷ユニットを中心として、その前後にフレキソやコールドフォイル、ダイカットといったユニットをインラインで統合。さらに新しくリリースされたスクリーン印刷ユニットにより、透明フィルム上に隠蔽性の高い白色印刷を実現。異なるこれらモジュールは1つのタッチパネルコンソールで制御できる。解像度は1,200×1,200dpi、生産スピードは50m/分。同社では「デジタル印刷物の70〜80%が2工程以上の後加工を必要としている」とし、ワンパスデジタルラベル生産による生産性とコスト競争力といった優位性を強調している。
 一方「Labelmaster」は、フレキソ印刷ユニットを中心に、ロータリースクリーン印刷やコールドフォイルなどの複合加工プロセスをインラインで統合したラベル印刷加工システム。「シンプルオペレーション」と「柔軟性」をコンセプトとしてモジュラープラットフォーム設計を採用し、あらゆる機械位置で迅速かつ容易に交換できる様々な仕上げおよび印刷ユニットを提供する。自動化およびモジュール交換の柔軟度によって3モデルをラインアップ。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal