PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > イベント > シュウエイ、最新世代のポーラー断裁システムの稼働成果を報告

イベント

シュウエイ、最新世代のポーラー断裁システムの稼働成果を報告

2018年5月11日
ポーラーN137 PLUS 後方給紙システムの稼働実演も披露
デッドスペースになりがちな断裁機後方部をシステムに組み入れることで自動化を実現

 (株)シュウエイ(埼玉県川口市、中村匡秀社長)は5月10日、ハイデルベルグ・ジャパン(株)の協力のもと記者懇談会を開催し、ポーラーN137 PLUS 後方給紙システムを活用したスマートファクトリー化への取り組み状況などを説明した。
 同社では、28年前より、ポーラー断裁システムを採用。2017年3月には、最新世代のポーラーN137 PLUSを中心としたシステムに更新している。
 現在、設置されている3台のポーラー断裁システムは、いずれも突き揃え(ジョガー)から断裁機後方テーブルへの自動搬送(グリッパ搬送システム)、断裁、積紙(トランソマットE)まで完全にシステム化された後方給紙システムを採用。従来、デッドスペースとされていた断裁機後方部を有効活用することで自動化を促進し、作業の高効率化を実現。さらに、断裁作業の自動化を確立したことで、オペレータの作業負荷の大幅軽減にも効果を発揮している。
 なお、ハイデルベルグ・ジャパン社ホームページでは、中村社長をはじめ、現場スタッフのインタビュー映像を公開している。

ニュースランキング
特集
製本・後加工 2019
製本・後加工 2019

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2019年3月5日)

page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal