PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > イベント > ハイデルベルグ社、「Packaging Day」でPush to Stop実演披露

イベント

ハイデルベルグ社、「Packaging Day」でPush to Stop実演披露

2017年11月13日
ライナー・フンツドルファーCEO
パッケージ印刷業者らおよそ400名が来場
スピードマスターXL145-6+L
Primefire106の技術展示も

 ハイデルベルグ社は11月8日、ウィスロッホ工場・ホール11にあるPrint Media Center Packagingにおいて「Packaging Day」を開催。欧州を中心としたパッケージ印刷業者らおよそ400名が来場した。
 イベント開催に先立ち、昨年11月に就任したライナー・フンツドルファーCEOが登壇。「この5年間で年率2.8%成長が期待されているパッケージ印刷業界においてハイデルベルグは、そのすべての生産工程に添った製品、ソリューション、消耗品、サービスを提供できる唯一のソリューションプロバイダーである」と述べ、ハイデルベルグ社がパッケージ印刷分野におけるマーケットリーダーであることを強調した上で、「早いペースで継続する企業間合併」「品質要求」「小ロット化」「グローバルマーケットでの競合」といった市場の課題に言及。「顧客は競争から一歩抜け出すための戦略を見出す必要がある。そこに本日我々は、ビジネスに新しい衝撃を与えることができるソリューションとして『オペレーショナル・エクセレンス(業務改善プロセスが現場に定着し、業務オペレーションが磨きあげられ、競争上の優位性にまでなっている状態)』『新しい技術やアプリケーション』を披露する」と述べ、その一端を紹介した。
 イベント会場には、印刷機として「スピードマスターXL145-6+L」「スピードマスターXL106-8-P+LYYL フォイルスター」「スピードマスターXL75-8+LYYL アニカラー2」が設置され、いずれの印刷機にも「Simply Smart」を具現化する「Push to Stop」コンセプトに基づいた自動運転機能を搭載。パッケージ印刷分野における印刷機の完全自動運転、ナビゲート印刷の実力をデモンストレーションで示した。
 このほか、2015年から提携関係にある中国・Masterwork社の打抜機や製函機などを中心に後加工ラインの展示も充実させ、パッケージ生産の幅広いトータルソリューションを披露し、パッケージ分野におけるマーケットリーダーとしての存在感を示した。

ニュースランキング
特集
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献

「力強く革新に挑む 〜 新しい価値と感動を提供」--新たな舵取り役として組織を統率するFFGS代表取締役社長・辻重紀氏にインタビュー。
(2017年10月15日)

インクジェット特集 2017
インクジェット特集 2017

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2017年9月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

デジタル加飾特集 2017
デジタル加飾特集 2017

スポットニスや特殊抜き加工などによる触覚的表現やデジタル箔による視覚的表現で、印刷物の高付加価値化を実現する「デジタル加飾」を特集
(2017年6月15日)

製本・後加工 2017
製本・後加工 2017

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2017年3月5日)

page2017特集
page2017特集

「page2017」の事前情報を配信。開催テーマは「ビジネスを創る〜市場の創出〜」
(2017年2月5日)

デジタル印刷 × パッケージ
デジタル印刷 × パッケージ

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2016年11月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp