PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > イベント > drupa2016レポート|来場者は5万4,500人減の26万人

イベント

drupa2016レポート|来場者は5万4,500人減の26万人

2016年6月12日
次回の開催は、2020年6月23日から7月3日の11日間

 世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2016」が6月10日、「Print4.0」の潮流を明確に映し出すとともに、その先にある印刷ビジネス成功に向けた多くのメッセージを残して閉幕した。主催者であるメッセ・デュッセルドルフは、11日間の会期中、188ヵ国からおよそ26万人が来場したと発表した。
 来場者については、drupa2012の31万4,500人に対し、およそ5万4,500人が減少。これについてメッセ・デュッセルドルフは、「印刷産業における世界的な統合傾向を反映している」とする一方で、来場者における経営幹部(投資の最終決定者および共同決定者)の割合が2012年の55%から75%へと増加していることを強調。「来場者全体の54%が具体的な投資計画のもとdrupaに来場」「29%がdrupa会期中に発注」「30%がdrupa閉幕後に発注を計画」といった成果を公表し、drupaがビジネス上の重要な意思決定のためのBtoBトレードショー、プラットフォームであることを強調している。
 また、外国からの来場者は全体の76%に達し、2012年から16%増加。このうち、とくにアジアからの来場者が17%(2012年は13.6%)に達し、インドからが5%、中国からが3%となっている。主催者では「drupaが世界市場意義およびその国際的な格付けを強化した結果」と説明している。
 なお、会期中にdrupaの開催周期を4年サイクルに戻すことが発表され、次回の開催は、2020年6月23日から7月3日の11日間に決定している。

ニュースランキング
特集
page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」(2019年2月21日〜)
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp