PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > イベント > drupa、開催周期が3年に - drupa実行委員会で正式決定

イベント

drupa、開催周期が3年に - drupa実行委員会で正式決定

2015年2月12日

 世界最大規模を誇る国際印刷・メディア産業展「drupa」の開催周期が3年へと変更されることが明らかとなった。
 これは、デュッセルドルフで行われたdrupa実行委員会において正式決定されたもので、次回の2016年開催以降適用される。
 メッセ・デュッセルドルフでは、以前から開催周期を3年へと変更する方向で協議を進めてきた経緯があったものの、2012年11月2日に行われたdrupa委員会の会議では、4年周期を維持することが正式に決議されていた。
 これを覆す形で3年周期への変更が決定した経緯について、drupa実行委員会のC.ボルツァ.シューネマン会長(KBA会長)は「インターネットやデジタル技術の影響により、印刷工程が急激に変わり、新たな応用やソリューションが求められ、そして発展し、それが新たなビジネス分野を開拓してきている。加えて、3D印刷、プリンテッドエレクトロニクス、機能性印刷といった革新的な技術にも関心が集まっている。開催周期が3年へと変わることは、自然な流れだ」と説明している。
 また、メッセ・デュッセルドルフ社のW.M.ドーンシャイト会長は、「包装印刷をビジネスラインに持つdrupa出展者にとって、関心の高いinterpackとdrupaの同年開催は、この決定により解決される」との考えを示している。

ニュースランキング
特集
デジタル印刷 × パッケージ 2017
デジタル印刷 × パッケージ 2017

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2017年11月25日号)

【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献

「力強く革新に挑む 〜 新しい価値と感動を提供」--新たな舵取り役として組織を統率するFFGS代表取締役社長・辻重紀氏にインタビュー。
(2017年10月15日)

インクジェット特集 2017
インクジェット特集 2017

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2017年9月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

デジタル加飾特集 2017
デジタル加飾特集 2017

スポットニスや特殊抜き加工などによる触覚的表現やデジタル箔による視覚的表現で、印刷物の高付加価値化を実現する「デジタル加飾」を特集
(2017年6月15日)

製本・後加工 2017
製本・後加工 2017

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2017年3月5日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp