PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > イベント > drupa2012レポート|HP、B2サイズ対応のIndigo第4世代機

イベント

drupa2012レポート|HP、B2サイズ対応のIndigo第4世代機

2012年5月15日
HP Indigo10000

​ HP Indigo10000/20000/30000は、B2サイズに対応するIndigoの第4世代機。黒をCMYの3色合成によって表現することで、通常の4色印刷時と比較して印刷速度が最大33%向上する新機能「生産強化モード(EPM)」を標準搭載している。
 B2サイズ対応は、A3ノビの2.57倍の印刷領域と、効率的な面付けによる4倍の生産効率をもたらす。同社では「B2サイズは、世の中の印刷物の98%をカバーできる」としている。
 Indigo10000は、商業印刷・フォト・出版向けの枚葉機。フルカラーで3,450枚/時、EPMでは4,600枚/時、単色で6,900枚/時の印刷が可能。最大7色のカラー印刷、また両面印刷に対応する。
 同20000は、軟包装・ラベル向けのロール機。10ミクロンから250ミクロンまでの厚さのフィルムに対応し、印刷サイズは736×1,100ミリ、ホワイトインキを含む最大7色に対応。印刷スピードはEPMで45m/分。
 同30000は、パッケージ向けの枚葉機。最大で600ミクロンの厚さの板紙に7色印刷が可能で、原反とインキの定着を高めるために必要なプライミング工程をインラインに組み込む「インラインプライミングユニット」をサポートする。印刷スピードはEPMで4,600枚/時。
 なお、Indigo10000は2013年初頭、同20000/30000は2013年後半に出荷が開始される予定で、Indigo 10000の日本での販売価格は2億円を切る程度に設定されるとのこと。

→drupa2012レポート 一覧へ

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal