PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 環境 > 三光化学工業、防毒マスクの有機ガス用直結式小型吸収缶を開発

環境

三光化学工業、防毒マスクの有機ガス用直結式小型吸収缶を開発

2015年12月3日
スカイマスク(防毒)エラストマー面体+G37S2

 企業の環境モラルが高まっている中、三光化学工業(株)(本社/神奈川県高座郡寒川町一之宮)は、防毒マスク「スカイマスクシリーズ」を様々な業界に提供し、作業者の健康と安全に貢献している。
 防毒マスクの規格には、労働安全衛生法の規定に基づく国家検定規格と日本工業規格がある。「スカイマスクシリーズ」は、いずれも国家検定合格品となっており、除毒に必要な小型吸収缶を1個使用するタイプと、同時に2個使用するタイプのものをラインアップしている。
 「スカイマスク」には、シリコーン配合エラストマー面体とシリコーン面体の2つを用意。後頭部の形状にフィットした幅広頭部板を採用したことにより、装着時の安定感が向上した。また、マスク前面に装着する小型吸収缶が斜め下向きになるよう設計されているため前方の視認性に優れており、ユーザーからもこの点が高く評価されている。
 「スカイマスクII(エラストマー面体)」は、2缶式のため、1缶式のスカイマスクと比べ使用時間は2倍、通気抵抗は2分の1となり、より快適な作業が行える。さらに、オプションの吸水マットホルダー・吸水マットを装着すれば、汗タレを防ぐことができる。
 同社は最近、主に印刷業界などに適した吸収缶として「有機ガス用直結式小型吸収缶G37S2」を開発した。この吸収缶は防毒機能のみでなく、同時に防じん機能を搭載し、粒子捕集効率を95%以上にレベルアップ、有機溶剤と有害粉じんから作業者の安全と健康を守ることを提案している。
 なお、価格はスカイマスク(エラストマー面体)と吸収缶(G37S2)を合わせて2,790円(税別)となっている(1缶式)。

ニュースランキング
特集
働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

製本・後加工 2020
製本・後加工 2020

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介(2020年3月5日)
(20203月5日)

SDGsで持続可能な世界の実現へ
SDGsで持続可能な世界の実現へ

[2020新春特別企画]SDGsで持続可能な世界の実現へ
(2020年1月1日)

インクジェット特集 2019
インクジェット特集 2019

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2019年9月15日)

「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal