PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 環境 > 胆管がん発症問題、SANYO-CYP・山村社長が大印工組理事会で報告

環境

胆管がん発症問題、SANYO-CYP・山村社長が大印工組理事会で報告

2015年7月16日

 胆管がん発症問題の発端となった大阪の校正印刷会社、(株)SANYO-CYP(大阪市中央区)の山村健司社長が15日、大阪府印刷工業組合(吉田忠次理事長)の理事会で「胆管がん問題の解決」について報告した。
 山村社長は、まず「印刷業界に多大な迷惑をかけ、大変申し訳なく思っている」と謝罪した上で、「報道で大きく取り上げられてきた事案について、無事に被災者全員と和解に至り、当社として大きな節目を迎えることができた」と述べ、現時点では、まだ原因物質の特定、因果関係は不明だが、これからも国の調査に全面協力していく考えを強調した。
 山村社長の説明によると、原因物質として蓋然性が高いとされている1-2ジクロロプロパンが含まれる溶剤は、すでに2006年(平成18年)には溶剤を変更。暴露者については、問題発覚後すぐに連絡を取り、会社が検診費を負担して6ヵ月に1回検診を行っている。
 一方、全拠点ともにプッシュプル型換気装置を設け、有規則に該当する物質を使用していないものの、環境測定を6ヵ月に1回実施。「定量的観点、専門家からの指導を得ながら、安心安全に勤務できる職場環境を目指している」(山村社長)

ニュースランキング
特集
page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」(2019年2月21日〜)
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp