PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 環境 > 沖データ、3月から部品にバイオプラスチックを採用

環境

沖データ、3月から部品にバイオプラスチックを採用

2011年2月22日

 (株)沖データ(東京都港区)は、3月以降に生産する全てのプリンタと複合機の部品の一部に、植物由来成分を25重量%以上含んだバイオマスプラスチックを採用する。商品にバイオマスプラスチックを採用するのは、同社グループ初の取り組みとなる。
 バイオマスプラスチック採用により、年間3トンのCO2削減が見込まれる。また、今回採用したバイオマスプラスチックは、従来の商品に使用している石油系プラスチックと比べ、プラスチック製造に関わるCO2排出量を約20%削減することが期待できる。
 植物原料由来であるポリ乳酸に、難燃性、耐熱性、耐衝撃性、成形性などを大幅に改良した素材で、加工しやすく、外装部や機構部など多くの成形材料に展開できること、また文房具、家電、OA機器などに使用実績があること、海外生産拠点における調達のしやすさ、コスト競争力に優れていることなどにより、採用を決定した。
 同社は今後、プリンタと複合機に使用している石油系プラスチックを、可能な部分から順次バイオマスプラスチックに置き換えていく。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal