PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > ニシカワ印刷、日高事業所でアグフアの「FAシステム」が本格稼働

企業・経営

ニシカワ印刷、日高事業所でアグフアの「FAシステム」が本格稼働

2019年4月2日
FAシステム本格稼働を記念して、アグフア・岡本勝弘社長(左)から西川社長に記念品を贈呈
コンセプトは「人と機械が高次元で協業する仕組みの構築」
2台のCTPからローディングされたプレートは、ジョブ単位に発行されるQRコードに基づいて自動版曲げされたのち、機械室に搬出され、印刷機近くに設置された号機ごとのスタッカーへと振り分けられる

 ニシカワグループの印刷物製造工程を担う(株)ニシカワ印刷(西川誠一社長)の日高事業所(埼玉県日高市原宿468-1)に導入されたアグフアの「ファクトリーオートメーションシステム」が本格稼働に入った。
 クラウド型のワークフロー「アポジークラウド」やファイルストレージサービス「アポジードライブ」を導入し、これまでもプリプレス工程の自動化・無人化に向けた改革を推し進めてきたニシカワグループ。今回、さらにアポジードライブの拡張機能である自動化ツール「アポジー・ドライブ・オートパイロット」と、一度に1,200版を搭載できる自動化CTPパレットローディングシステム「エキスパート・ローダー」、さらにプレートの版曲げから印刷機ごとの自動振り分けを可能にする「プレート・トランスポーテーション・システム」を追加導入し、「人と機械が高次元で協業する仕組みの構築」を目指したプリプレスのファクトリーオートメーション化を実現した。
 同システム採用の背景について西川社長は「中長期的な経営課題である人手不足」と「印刷通販会社との協業における小ロット対応の強化」を挙げており、自動化にともなう余剰人員を付加価値の高い業務や多能工化によって1人当たりの労働生産性を高めるとともに、シュリンクするチラシ印刷主体のビジネスモデルからの脱却を目指す。

ニュースランキング
特集
検査関連機器特集 2019
検査関連機器特集 2019

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2019年3月15日)

製本・後加工 2019
製本・後加工 2019

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2019年3月5日)

page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal