PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 富士フイルム、新聞用無処理版で日本印刷学会「研究発表奨励賞」

企業・経営

富士フイルム、新聞用無処理版で日本印刷学会「研究発表奨励賞」

2019年3月13日
後列左から、森淳一氏、嶋中修知氏、渡邉駿平氏、難波優介氏。前列左から、宮川侑也氏、柴田博仁氏(富士ゼロックス)、大村賢悟氏(富士ゼロックス)

 富士フイルム(株)(助野健児社長)は、(一社)日本印刷学会の31年度表彰において、「新型新聞用無処理CTPプレートの開発」で「研究発表奨励賞」を受賞した。2月22日には、東京・中央区の日本印刷会館で開催された日本印刷学会通常総会において表彰式が行われ、受賞者に賞状と盾が授与された。
 「研究発表奨励賞」は、同学会の春期・秋期研究発表会での優秀発表者に贈られるもの。富士フイルムは2015年に現像液やガムの廃液などの処理工程が一切不要という省資源を実現した新聞用完全無処理CTPプレート「SUPERIA ZN」を発売。その優れた性能を継承しながら、新聞用無処理CTPのさらなる環境負荷低減および刷りやすさ向上に貢献できるよう研究開発をすすめ、「合紙レス化」と「エッジ汚れ防止効果とエッジ描画性の両立」を実現した「SUPERIA ZN-II」を2018年に発売。今回の受賞は、同研究発表に対して贈られた。受賞者は、R&D統括本部グラフィックシステム研究所の光本知由副所長、嶋中修知氏、難波優介氏、宮川侑也氏、渡邉駿平氏、R&D統括本部解析技術センター研究マネージャーの森淳一氏。
 なお、富士フイルムグループの富士ゼロックス(株)は、同表彰において「紙の価値を解明する『メディアの認知研究』」で「技術奨励賞」を受賞した。

ニュースランキング
特集
製本・後加工 2019
製本・後加工 2019

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2019年3月5日)

page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal