PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 日宝綜合製本、多品種小ロット対応で「アレグロ無線綴じ機」導入

企業・経営

日宝綜合製本、多品種小ロット対応で「アレグロ無線綴じ機」導入

2018年4月11日
左から、日宝綜合製本・木下信吾常務、岩坪社長、ミューラー・マルティニ・ルドルフ ミューラーチェアマン、五反田隆代表
アレグロ無線綴じライン

 日宝綜合製本(株)(岡山市、岩坪誠次郎社長)とミューラー・マルティニ ジャパン(株)(五反田隆代表)は4月10日、共同記者会見を開き、瀬戸市にある日宝綜合製本長船工場に全自動無線綴じ機「アレグロ」を導入したと発表した。
 日宝綜合製本は、無線綴じ17ライン、中綴じ25ラインで年間7億冊を製本する西日本最大規模の製本会社。今回の「アレグロ」導入は、多品種小ロット化をはじめ、人手不足、働き方改革といった経営環境の変化への対応が狙いだ。
 今回のラインは、丁合機からソリット三方断裁機まで、すべてミューラー製を採用。中央コマンダでライン全体を監視できるラインコントロールをはじめ、従来あった駆動に関する機械部分を7割排除し、それをサーボドライブに置き換えたMC(モーションコントロール)技術、さらに、製本直前に本文と表紙を実測して高精度のプリセットを実現するBDC(ブックデータセンター)によって、短時間で高精度なセットアップが可能。さらに、品質検査装置として北電子製乱丁防止装置「TM-700」を搭載している。

ニュースランキング
特集
製本・後加工 2019
製本・後加工 2019

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2019年3月5日)

page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal