PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > ハイデルベルグ社、「Primefire106」受注好調で5割増産を計画

企業・経営

ハイデルベルグ社、「Primefire106」受注好調で5割増産を計画

2017年11月13日
MPS社のドイツ・オーバーズルム工場に設置された「Primefire106」1号機
富士フイルムのインクジェットヘッド「SAMBA」採用

 ハイデルベルグ社(ライナー・フンツドルファーCEO)は、drupa2016で発表したB1インクジェット印刷機「Primefire106」の受注が予想を上回るペースで推移していることを明らかにした。
 これは11月8日開催の「Packaging Day」で行われたステファン・プレンツ取締役のプレゼンの中で明らかにされたもの。現在「Primefire106」の製造計画は2年先まで埋まっている状況で、今後5割程度の増産に踏み切る可能性を示唆している。これら状況を生んだ背景についてプレンツ氏は「我々はPrimefireを単なるオフセット印刷の置き換えではなく、あくまでオフセット印刷の会社が新たなビジネスを創出するためのデジタル印刷機として位置付けている。当初、顧客側においてその準備に時間を要するだろうという判断で製造計画を控えめに設定したが、予想以上にその準備スピードは早く、顧客は自信を持って新ビジネス獲得への投資を決断している」と説明している。
 発注企業の9割がパッケージ印刷業者で、今年1月から独マルチ・パッケージング・ソリューション社(以下MPS社)でベータテストが開始されており、年内には独カラードルック バイアスブロン社でもスタートする予定だ。さらに来年夏には日本のユーザーにも納入されることが決定している。
 なお、同日の午後には「Primefire106」1号機が設置されているMPS社のドイツ・オーバーズルム工場が報道関係者らに初公開された。
 「Primefire106」は、富士フイルムと共同開発したB1用紙サイズ対応・解像度1,200×1,200dpiの水性インクジェットデジタル印刷システム。富士フイルムのインクジェットヘッド技術「SAMBA Technology」とインク中の顔料を高速に凝集させるRAPIC(ラピック)技術を搭載し、滲みのないシャープさと、独自の4階調変調方式による階調再現性で、高密度かつ高精細な描写を実現している。
 さらに、7色(CMYK、オレンジ、緑、紫)の水性顔料インクは、PANTONEカラーを95%カバーする幅広い色域を実現するだけでなく、食品包装や医薬品の紙器パッケージに適した安全性を兼ね備えている。
 システムは、プリセットプラスフィーダー、プレコンディショニングユニット、インクジェットユニット、ドライユニット、コーティングユニット、デリバリ、コントロールセンターで構成され、デジタルフロントエンド「プリネクトDFE」によって制御される。
 用紙サイズは75×106センチ、紙厚は0.2〜0.6ミリまで対応。印刷速度は1,200×1,200dpiで2,500枚/時だが、将来的には解像度を落とした高生産モードとして4,000枚/時まで引き上げる計画だ。

ニュースランキング
特集
after・withコロナ時代の攻めへの選択
after・withコロナ時代の攻めへの選択

「ニューノーマル」に適応する印刷経営とは。その指針と新型コロナに立ち向かう企業の取り組みを特集。
(2020年07月25日)

[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を
[インタビュー]DXで産業全体の生産性向上を

「令和版構造改善事業」の中核構想として「印刷DX推進プロジェクト」を立ち上げた全日本印刷工業組合連合会の滝澤会長にインタビュー。
(2020年7月25日)

ラージフォーマットビジネス 2020
ラージフォーマットビジネス 2020

販促関連ビジネスやサインディスプレイ事業をターゲットとした「ラージフォーマットビジネス」にフォーカス。
(2020年7月5日)

クラウド×AI×サブスク
クラウド×AI×サブスク

「クラウドソリューション」を中心に、親和性の高い「AI技術」や「サブスクリプションサービス」の一端も紹介。
(2020年6月25日)

働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal