PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > ミューラー、チェアマン来日会見 -「フィニッシング4.0」訴求

企業・経営

ミューラー、チェアマン来日会見 -「フィニッシング4.0」訴求

2017年10月18日
会見する宮﨑社長(左)、ミューラーチェアマン(中央)、五反田隆取締役営業技術部長

 ミューラー・マルティニジャパン(株)(宮﨑靖好社長)は10月17日、ミューラー・マルティニグループ・チェアマンのルドルフ・ミューラー氏の来日を受けて本社内で記者会見を開いた。
 まずミューラー氏は、5月開催のチャイナプリント、9月開催のプリントシカゴにおいて同社が大きな成果を挙げたことを報告した上で、とくに北米市場について「小ロット化の傾向が続き、デジタル印刷が速いペースで成長。とくに興味深いのはハードカバーが注目を集めていることだ。おそらく納期の短縮がより重要になった結果、印刷の仕事が中国から戻っているからだ」との見解を示した。
 さらに「低い失業率と熟練労働者の確保が難しいことで、より自動化の重要性が増している。当社のプリントショーでのメイントピックはワークフローとコネックスだった」と述べ、同社が提唱する「フィニッシング4.0」の有用性に言及。「生産システムは電子データに基づいて個別の製品ごとに自動的にセットアップされなければならない。このためには高度な自動化技術と精密なマシン構造が必須だ。作業者の介入を必要としない、あるいは最小限に抑えるタッチレスワークフローが理想的である。マシンと顧客との間の接続性は、ミューラー・マルティニのすべてのマシンのプラットフォームであるコネックスが担う」と説明した。

ニュースランキング
特集
page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」(2019年2月21日〜)
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp