PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > アイワード、AI搭載XL106導入でスマートファクトリー化推進

企業・経営

アイワード、AI搭載XL106導入でスマートファクトリー化推進

2017年4月19日
左から、ハイデルベルグ・水野秀也社長、アイワード・木野口会長、奥山社長
「Push to Stop」コンセプトに基づいて設計された最新のdrupa2016モデル

 (株)アイワード(本社/札幌市中央区、木野口功会長・奥山敏康社長)は今年1月、石狩工場に国内初となる「スピードマスターXL106-8-P 18K」(最高印刷速度1万8,000枚/時、菊全寸延び判8色両面兼用印刷機)を導入し、スマートファクトリー化を推進。4月18日の記者発表会では、その稼働状況が報告された。
 同機は、ハイデルベルグが提唱する「Simply Smart」を具現化し、オフセット印刷の完全自動化を実現する「Push to Stop」コンセプトに基づいて設計された最新のdrupa2016モデル。アイワードでは、取得15年以上の老朽化した枚葉機4台を撤去して同機を導入。さらに冷暖房の全面更新や工場照明のLED化、変圧器の更新などで、生産性は1台で3台分以上の能力を確保しながらエネルギー使用量20%削減に成功している。
 「Push to Stop」コンセプトとは、プリネクトによって作成されたジョブチケットに従い、印刷の順序を含めたすべての前準備が自動的に行われ、それが印刷機コンソール、プリネクトプレスセンターXL2にあるディスプレイ「ウォールスクリーンXL」にリストアップされる。その仕事の順序に従い、印刷機は次々と自動運転を行い、とくに停止指示を出さない限り、自動運転を続行するというもの。

ニュースランキング
特集
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

デジタル加飾特集 2017
デジタル加飾特集 2017

スポットニスや特殊抜き加工などによる触覚的表現やデジタル箔による視覚的表現で、印刷物の高付加価値化を実現する「デジタル加飾」を特集
(2017年6月15日)

製本・後加工 2017
製本・後加工 2017

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介
(2017年3月5日)

page2017特集
page2017特集

「page2017」の事前情報を配信。開催テーマは「ビジネスを創る〜市場の創出〜」
(2017年2月5日)

デジタル印刷 × パッケージ
デジタル印刷 × パッケージ

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2016年11月25日)

インクジェット特集 2016
インクジェット特集 2016

drupa2016の主役となり、今後さらなる進化が期待される「インクジェット技術」を特集
(2016年9月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp