PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > アイワード、AI搭載XL106導入でスマートファクトリー化推進

企業・経営

アイワード、AI搭載XL106導入でスマートファクトリー化推進

2017年4月19日
左から、ハイデルベルグ・水野秀也社長、アイワード・木野口会長、奥山社長
「Push to Stop」コンセプトに基づいて設計された最新のdrupa2016モデル

 (株)アイワード(本社/札幌市中央区、木野口功会長・奥山敏康社長)は今年1月、石狩工場に国内初となる「スピードマスターXL106-8-P 18K」(最高印刷速度1万8,000枚/時、菊全寸延び判8色両面兼用印刷機)を導入し、スマートファクトリー化を推進。4月18日の記者発表会では、その稼働状況が報告された。
 同機は、ハイデルベルグが提唱する「Simply Smart」を具現化し、オフセット印刷の完全自動化を実現する「Push to Stop」コンセプトに基づいて設計された最新のdrupa2016モデル。アイワードでは、取得15年以上の老朽化した枚葉機4台を撤去して同機を導入。さらに冷暖房の全面更新や工場照明のLED化、変圧器の更新などで、生産性は1台で3台分以上の能力を確保しながらエネルギー使用量20%削減に成功している。
 「Push to Stop」コンセプトとは、プリネクトによって作成されたジョブチケットに従い、印刷の順序を含めたすべての前準備が自動的に行われ、それが印刷機コンソール、プリネクトプレスセンターXL2にあるディスプレイ「ウォールスクリーンXL」にリストアップされる。その仕事の順序に従い、印刷機は次々と自動運転を行い、とくに停止指示を出さない限り、自動運転を続行するというもの。

ニュースランキング
特集
page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」(2019年2月21日〜)
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp