PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > インキメーカー、相次いでオフセットインキの値上げを発表

企業・経営

インキメーカー、相次いでオフセットインキの値上げを発表

2014年3月4日

 インキメーカー各社から相次いでオフセットインキの値上げが発表されている。
 各社とも、顔料や樹脂、植物油、溶剤などといった主要原材料の価格高騰や、生産や配送に関わる電力や燃料などのユーティリティコスト上昇を主な理由とし、「継続的な原材料高騰は企業の自助努力で吸収できる限界を遙かに超えている」とした上で、「安定供給を確保していくために、やむをえず価格改定を行う」という姿勢だ。
 DICグラフィックスの値上げは4月1日出荷分から(前回の値上げは昨年10月)。値上げ幅は、1kgあたり枚葉インキが60〜80円、オフ輪インキが50〜70円、UVインキが40〜60円。
 東洋インキは3月20日出荷分から(前回は昨年7月)。値上げ幅は、1kgあたり枚葉インキが20円、オフ輪インキが20円、UVインキが40円。
 サカタインクスは4月1日出荷分から(前回は2011年6月)。値上げ幅は、1kgあたり枚葉インキが50円〜70円、オフ輪インキが40円〜60円。
 東京インキは4月1日出荷分から(前回は2011年4月)。値上げ幅は、1kgあたり枚葉インキが40〜60円、オフ輪インキが30〜50円。
 大日精化工業は4月1日出荷分から(前回は昨年10月)。値上げ幅は、1kgあたり枚葉インキが60〜80円、オフ輪インキが50〜70円。
 なお、各社のほとんどが同時期にグラビアインキおよび接着剤の値上げも実施する予定。

ニュースランキング
特集
デジタル印刷特集 2022
デジタル印刷特集 2022

DX推進に欠かせないデジタル印刷技術、「アフターコロナ時代のデジタル印刷ソリューション」を紹介。
(2022年3月25日)

製本・後加工 2022
製本・後加工 2022

製本・後加工会社の先進的な取り組みや事例、メーカーのソリューションなどを紹介
(2021年3月5日)

印刷業の「脱炭素経営」
印刷業の「脱炭素経営」

印刷業界の脱炭素経営への取り組みを紹介。
(2021年12月5日)

印刷通販事業による企業戦略
印刷通販事業による企業戦略

印刷通販ビジネスを展開する企業の経営戦略を考察。
(2021年11月15日)

インクジェット特集 2021
インクジェット特集 2021

進化するインクジェット技術とビジネスモデル
(2021年9月25日)

[シリーズ]販促アイテム・ツール
[シリーズ]販促アイテム・ツール

印刷物の付加価値を向上させ、新たな市場を創出する販促アイテム・ツール
(2021年9月〜)

アフターコロナ到来。いま急ぐべき変革は…
アフターコロナ到来。いま急ぐべき変革は…

企業存続に向けた「ニューノーマル時代」の経営戦略立ち上げが急務に。
(2021年7月25日)

印刷DX 2021
印刷DX 2021

コロナ禍がもたらした「ニューノーマル」の世界における「印刷企業のDX戦略」に迫る。
(2021年6月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal