PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > インキメーカー、相次いでオフセットインキの値上げを発表

企業・経営

インキメーカー、相次いでオフセットインキの値上げを発表

2014年3月4日

 インキメーカー各社から相次いでオフセットインキの値上げが発表されている。
 各社とも、顔料や樹脂、植物油、溶剤などといった主要原材料の価格高騰や、生産や配送に関わる電力や燃料などのユーティリティコスト上昇を主な理由とし、「継続的な原材料高騰は企業の自助努力で吸収できる限界を遙かに超えている」とした上で、「安定供給を確保していくために、やむをえず価格改定を行う」という姿勢だ。
 DICグラフィックスの値上げは4月1日出荷分から(前回の値上げは昨年10月)。値上げ幅は、1kgあたり枚葉インキが60〜80円、オフ輪インキが50〜70円、UVインキが40〜60円。
 東洋インキは3月20日出荷分から(前回は昨年7月)。値上げ幅は、1kgあたり枚葉インキが20円、オフ輪インキが20円、UVインキが40円。
 サカタインクスは4月1日出荷分から(前回は2011年6月)。値上げ幅は、1kgあたり枚葉インキが50円〜70円、オフ輪インキが40円〜60円。
 東京インキは4月1日出荷分から(前回は2011年4月)。値上げ幅は、1kgあたり枚葉インキが40〜60円、オフ輪インキが30〜50円。
 大日精化工業は4月1日出荷分から(前回は昨年10月)。値上げ幅は、1kgあたり枚葉インキが60〜80円、オフ輪インキが50〜70円。
 なお、各社のほとんどが同時期にグラビアインキおよび接着剤の値上げも実施する予定。

ニュースランキング
特集
page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」(2019年2月21日〜)
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp