PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 2014年印刷・情報用紙の内需試算、1.5%減の941万トンと予測

企業・経営

2014年印刷・情報用紙の内需試算、1.5%減の941万トンと予測

2014年1月21日

 日本製紙連合会が発表した「2014(平成26)年紙・板紙内需試算報告」によると、2014年の印刷・情報用紙の内需量試算は941万トンで、前年比1.5%減、約14万トンの減少となる。マイナス成長は8年連続となり、5年連続で1,000万トンを下回る見込み。品種別では、非塗工印刷用紙が2.7%減、塗工印刷用紙が1.3%減、情報用紙が0.4%減で、いずれもマイナスの見込み。一方、消費増税の影響については「駆け込み需要や反動減は想定されるものの、年間を均せば影響は軽微」としている。
 紙・板紙全体の内需量は2,746万トンで、前年比0.7%減、約20万トンの減少。マイナス成長は4年連続。板紙が食品分野を中心に2年連続の増加を見込むが、紙が減少することで全体では前年をわずかに下回ると予測している。
 その他の品種では、新聞用紙が2.0%減、包装用紙が1.5%減、衛生用紙が0.5%増、段ボール原紙が0.3%増、紙器用板紙が0.5%減と予測されている。

ニュースランキング
特集
働き方改革ソリューション2020
働き方改革ソリューション2020

「オンラインコミュニケーション能力」と「生産効率」という2つの視点で「働き方改革」ソリューションを特集。
(2020年5月15日)

[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020
[シリーズ]経営を変えるプレート技術 2020

導入進む「完全無処理プレート」と「ケミカルレスプレート」の現状と可能性に迫る。
(2020年5月〜)

デジタル印刷特集 2020
デジタル印刷特集 2020

デジタル印刷ソリューションで収益構造を再構築。
(2020年3月25日)

検査関連機器特集 2020
検査関連機器特集 2020

システマチックな検査工程で品質保証と効率化を目指す
(2020年3月15日)

製本・後加工 2020
製本・後加工 2020

製本・後加工分野の企業ルポやメーカーによるソリューションを紹介(2020年3月5日)
(20203月5日)

SDGsで持続可能な世界の実現へ
SDGsで持続可能な世界の実現へ

[2020新春特別企画]SDGsで持続可能な世界の実現へ
(2020年1月1日)

インクジェット特集 2019
インクジェット特集 2019

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2019年9月15日)

「販促アイテム・ツール」特集
「販促アイテム・ツール」特集

印刷物の付加価値向上で新市場創出に貢献する「販促アイテム・ツール」を特集
(2019年7月25日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal