PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 2014年印刷・情報用紙の内需試算、1.5%減の941万トンと予測

企業・経営

2014年印刷・情報用紙の内需試算、1.5%減の941万トンと予測

2014年1月21日

 日本製紙連合会が発表した「2014(平成26)年紙・板紙内需試算報告」によると、2014年の印刷・情報用紙の内需量試算は941万トンで、前年比1.5%減、約14万トンの減少となる。マイナス成長は8年連続となり、5年連続で1,000万トンを下回る見込み。品種別では、非塗工印刷用紙が2.7%減、塗工印刷用紙が1.3%減、情報用紙が0.4%減で、いずれもマイナスの見込み。一方、消費増税の影響については「駆け込み需要や反動減は想定されるものの、年間を均せば影響は軽微」としている。
 紙・板紙全体の内需量は2,746万トンで、前年比0.7%減、約20万トンの減少。マイナス成長は4年連続。板紙が食品分野を中心に2年連続の増加を見込むが、紙が減少することで全体では前年をわずかに下回ると予測している。
 その他の品種では、新聞用紙が2.0%減、包装用紙が1.5%減、衛生用紙が0.5%増、段ボール原紙が0.3%増、紙器用板紙が0.5%減と予測されている。

ニュースランキング
特集
page2019特集
page2019特集

「page2019」の事前情報を配信。開催テーマは「デジタル×紙×マーケティング」(2019年2月21日〜)
(2019年1月21日)

【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために
【インタビュー】日本企業以上に日本企業であるために

2019年の幕開けとともに、日本アグフア・ゲバルト(株)の代表取締役社長に就任した岡本勝弘氏にインタビュー
(2019年1月1日)

働き方改革特集2018
働き方改革特集2018

「働き方改革」の肝となる生産性向上に向けたソリューションを特集。
(2018年11月25日)

afterIGAS2018
afterIGAS2018

IGAS2018で発表された技術や製品、あるいは企業戦略などを改めて紹介。
(2018年08月25日〜)

IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp