PJweb news

印刷産業のトレンドを捉える印刷業界専門紙【印刷ジャーナル】のニュース配信サイト:PJ web news|印刷時報株式会社

トップ > 企業・経営 > 三菱重工とリョービ、事業統合で「世界3位の印刷機械メーカーへ」

企業・経営

三菱重工とリョービ、事業統合で「世界3位の印刷機械メーカーへ」

2013年7月31日
清水社長「3年後をメドに両社の技術を融合した新製品の開発も」

 国内における商業印刷の三菱印刷機械ユーザーで組織するダイヤモンド倶楽部の関西・中四国合同地域会が7月30日、ホテル阪神で開催され、三菱重工印刷紙工機械(株)の清水雅巳社長が、リョービ(株)との枚葉印刷機事業統合および合弁会社設立について、その経緯と方向性を明らかにした。
 事業統合の背景について清水社長は、「全世界で5,000〜6,000億円とされていた印刷機市場は半分にまで縮小し、今後も急激な回復は見込めない。そんな市場趨勢を踏まえ、枚葉機事業の規模拡大による事業基盤の強化が急務だと判断した」と説明。シナジー効果として「ラインナップ拡充と開発強化」「生産効率化」「サービス向上」「グローバル展開」を挙げ、ユーザーに理解を求めた。
 2014年1月1日付けで設立される新会社「リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)」は、A3から四六全サイズまでをラインナップ。全世界で90の代理店(三菱30社、リョービ60社)を有し、160ヵ国以上の市場をカバーすることになる。生産拠点の中心となるのはリョービの広島東工場で、三菱の三原工場からは技術移転が行われる一方、キーパーツについては三菱の三原工場で集約生産するという。
 清水社長は、「3年後をメドに両社の技術を融合した新製品の開発も視野に入れている」とし、世界第3位の印刷機械メーカーとしての地位確立に意欲を示した。

ニュースランキング
特集
IGAS2018特集
IGAS2018特集

国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展「IGAS2018」の事前情報を随時更新!
(2018年6月21日〜)

検査関連機器特集 2018
検査関連機器特集 2018

システマチックな検査工程で品質保証と効率化目指す(2018年3月15日)
(2018年3月15日)

デジタル印刷 × パッケージ 2017
デジタル印刷 × パッケージ 2017

デジタル印刷技術を活用したパッケージ印刷分野を「新事業領域」へ
(2017年11月25日号)

【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献
【インタビュー】すべての顧客の企業価値向上に貢献

「力強く革新に挑む 〜 新しい価値と感動を提供」--新たな舵取り役として組織を統率するFFGS代表取締役社長・辻重紀氏にインタビュー。
(2017年10月15日)

インクジェット特集 2017
インクジェット特集 2017

インクジェットテクノロジーが印刷ビジネスにもたらす新たな事業領域とは。
(2017年9月15日)

印刷会社の印刷通販サービス活用 2017
印刷会社の印刷通販サービス活用 2017

印刷通販サービスを「プロ需要満たすアウトソーシングサービス」として特集。
(2017年7月5日)

特集一覧へ
印刷関連のブログ
twitter|@PJnews_headline
twitter|@PJnews_headline

https://twitter.com/PJnews_headline

facebook|印刷ジャーナル
facebook|印刷ジャーナル

https://www.facebook.com/printingjournal

google+|印刷ジャーナル
google+|印刷ジャーナル

https://plus.google.com/+PjlCoJp